父の遺伝から髭がかなり濃く苦労してきました。

父は髭に自信があるので定期的の髭の手入れは欠かせません。

そのような父の姿をみて育ってきたので、私も髭を整えるようになりました。

自分の嗜好の形にして満喫してでいた頃合もあります。

髭にそれに対しスタンスが異なる出来事がありました。

女子に泥棒髭のようだと笑われた事例からです。

私はその一言で自信を無くして落ち込みました。

心境が変わってからは、頬を触った時のジョリジョリした感じが嫌でたまりませんでした。

毎朝鏡に映った顔が、非常に嫌になり脱毛して艶やかにしようと考えました。

レーザー照射後、即時的に髭が濃くなる事を知って心もとないになりました。

始めてクリニックに行った日は、女子の中に男一人でちょっと戸惑いました。

2回目以降は、男性もいたので心配無用できました。

医者の心理コンサルティングを受けると注意すべきポイントや、医療レーザーの話を聞きました。

その中身はかなり困難に汲み取るできなかったです。

毛嚢炎の解説を聞いて心もとないになったので、抗生物質を処方して頂きました。

一回のレーザー照射では、移り変わりが少ないと聞いていました。

私の髭はかなり濃いので10回ほど施術する不可欠があると聞きました。

初回の時はテスト照射を行いました。

徐々にレベルを上げていくにつれて苦しみを感じました。

ドクターと折衝して低レベルで施術して頂きました。

顎と鼻の下を連続で照射すると痛さが激しく冷や汗を掻きました。

この痛さが続くのなら辞めてしまおうと考慮しましたが、半年施術を受けて麗しいに脱毛できました。

髭が艶やかになった事で女子に積極的になりました。

脱毛に勤しむ女性